読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Unity5(C#)初心者・入門者向けチュートリアル ひよこのたまご

AndroidやiOS向けアプリを簡単に作れるゲーム開発環境Unity(ユニティ)の使い方を、チュートリアル方式で一緒に学びましょう!

【Unity3】コインを生成!GetMouseButtonDown, Instantiate【コインプッシャー3】

Unity コインプッシャー チュートリアル

いつもひよこのたまごをご利用下さいましてありがとうございます!
おかげ様でチュートリアル数も10ゲーム目となりました!
チュートリアル一覧は
こちら からどうぞ!


スポンサーリンク

Unity5.0.0f4 Personal(2015年4月)

f:id:hiyotama:20150505151000p:plain

 

前回の続きです〜

 

今回は画面をクリックした時、コインを出現させ落としていきたいと思います〜

  

 

【目標】コインを生成して落とす!

 

まずはSpawnerオブジェクトを作りましょう!(spawnで卵などを産むという意味らしいです〜)

 

f:id:hiyotama:20150430105123p:plain

Hierarchy>Create>CreateEmpty 名前はSpawner

 

Spawnerの場所は、プッシャーの少し上らへんにしておきます〜

 

f:id:hiyotama:20150430182924p:plain f:id:hiyotama:20150430183005p:plain

Transform情報

 

そして、SpawnerにSpawnerScriptというスクリプトを貼り付けます〜

 

 

public変数のcoinPrefabを用意したので、SpawnerのInspector欄からCoinPrefabを設定しましょう〜

 

f:id:hiyotama:20150430183217p:plain

ドラッグ&ドロップ!

 

基本的に前回と同じような処理をしております〜前回はMathf.SinによってプッシャーのZ軸が-0.5→0→0.5という往復ルートを1秒ごとに移動しておりましたが、今回は-1→0→1という往復ルートを1/16秒ごとに移動しております〜分かりやすく言うと、前回のプッシャーは4秒かけて1往復していたのに対し、今回のSpawnerは1秒で2往復しています〜

 

そして、Input.GetMouseButtonDown(0)によりマウスをクリックした時、Instantiateメソッドが実行され、CoinPrefabをMathf.Sinで決定したX軸の位置に生成しているというわけです〜(Instantiateの第1引数には生成するPrefabを、第2引数には位置を、第3引数には角度を指定しております〜)

 

1秒間に2往復しているので、コインはランダムに生成されているように見えます〜

 

f:id:hiyotama:20150430183613p:plain

ランダムな感じで生成されます

 

今回はここまでです〜

 

ありがとうございました〜

 

【Unity開発3】下準備【コインプッシャー1/6】

【Unity開発3】プッシャーを動かしてコインを落としたい!【コインプッシャー2/6】

【Unity開発3】画面をクリックしてコインを出現させたい!【コインプッシャー:3/6】

【Unity開発3】前方にコインが落ちた時スコアアップしたい!【コインプッシャー4/6】

【Unity開発3】タイトル画面とゲームオーバー画面を作成する(前編)【コインプッシャー:5/6】

【Unity開発3】タイトル画面とゲームオーバー画面を作成する(後編)【コインプッシャー:6/6(Fin)】