Unity(C#)初心者・入門者向けチュートリアル ひよこのたまご

AndroidやiOS向けアプリを簡単に作れるゲーム開発環境Unity(ユニティ)の使い方を、チュートリアル方式で一緒に学びましょう!

【Unity開発】継承まとめ① 基本編【ひよこエッセンス】

いつもひよこのたまごをご利用下さいましてありがとうございます!
おかげ様でチュートリアル数も10ゲーム目となりました!
チュートリアル一覧は
こちら からどうぞ!


スポンサーリンク

Unity5.0.0f4 Personal(2015年5月)

 

f:id:hiyotama:20150504205926p:plain

 

ひよこエッセンスの時間です〜

今回はC#の継承についてまとめていきたいと思います〜

まとめているうちによく分からなくなってしまったので、ちょっとずつ小分けにしていきたいと思います〜

 継承まとめ① 基本編

①継承とは

継承とは、あるクラスの機能を引き継ぐ新しいクラスを生成することです〜

 

機能を使われるほう(継承元)をスーパークラス、機能を使うほう(継承先)をサブクラスといいます〜

 

C#ではクラスを作った時に、クラス名の右横に「:」を書き、その更に右横にスーパークラス名を書くことで継承することができます〜

UnityでC#スクリプトを作った時に「クラス名 : MonoVehaviour」と書いてあるのは、Unityに標準搭載されているMonoVehaviourクラスの機能を使わせてもらいますよということで、そのおかげで色々とUnity独自の便利機能が使えているわけです〜

 

②継承の具体例(変数)

継承の具体例を見ていきましょう〜まずは継承元のAnimalスクリプトを作成して下さい〜

 

 

public変数で動物の鳴き声を設定しました〜public変数じゃないとサブクラスからアクセスできないので、そのように設定して下さい〜

 

それではもうひとつ、継承先のGorrilaスクリプトを作成して下さい〜

 

 

こちらのクラス名の右側に「: Animal」と書かれています〜これで継承は完了です〜

継承元に実際にアクセスする時は「base.変数やメソッド名」という形で、baseクラスを使います〜

 

それではHierarchyにCubeを作成し、GorillaスクリプトのみをCubeに付けて実行して下さい〜

 

f:id:hiyotama:20150527101248p:plain

スーパークラスから変数を取得

 

このようにスーパークラスを継承する時はスーパークラスをオブジェクトに付ける必要はありませんので、覚えておいて下さい〜

 

③継承の具体例(メソッド)

継承元のメソッドを使う例を見ていきましょう〜Animalスクリプトを以下のように修正して下さい〜

 

 

今回はメソッドですが、同じくpublicとなっております〜

 

続いて以下のふたつのスクリプトを作成し、Cubeに取り付けて下さい〜

 

 

 

前の例と同じようにAnimalクラスを継承し、baseクラスによりアクセスしています〜それではゲームを実行してみましょう〜

 

f:id:hiyotama:20150527102646p:plain

各スクリプトがスーパークラスのメソッドを実行

 

スーパークラスにアクセスした後、自分のStartメソッド内の処理を行っています〜

 

継承を一体何に使うのかは実はまだ分かっていないんですが、これからも勉強して皆さんと共有していきたいと思います〜

 

以上、ひよこエッセンスでした〜

ありがとうございました〜