Unity5(C#)初心者・入門者向けチュートリアル ひよこのたまご

AndroidやiOS向けアプリを簡単に作れるゲーム開発環境Unity(ユニティ)の使い方を、チュートリアル方式で一緒に学びましょう!

【git入門1】初期設定/リポジトリ登録

いつもひよこのたまごをご利用下さいましてありがとうございます!
おかげ様でチュートリアル数も10ゲーム目となりました!
チュートリアル一覧は
こちら からどうぞ!


スポンサーリンク

gitってかっこいいですよね〜

Unityの情報を集めているとこちらのGit Hubを参照してくださいとか、プロジェクトあげておきましたとか、そんなページがたくさんあります〜

自分もgitやGit Hubをちゃんと使えるようになりたい!ということで、備忘録としてgitに関するメモを残していこうと思います〜

gitの使い方 初期設定/リポジトリ登録

①gitとは

プログラムのソースコードなどの変更履歴を記録・追跡するための分散型バージョン管理システムである。

git - Wikipedia

要するに間違いがあった時に、過去に戻ってプログラムコードを復活させる感じです〜
ちなみに自分のmacにはデフォルトでは言ってました〜

gitの操作は基本的にコンソール上で行います〜macの場合はターミナルですね〜
Macintosh HD ▸ アプリケーション ▸ ユーティリティにあります〜

f:id:hiyotama:20150817144152j:plain

②gitのシステムセットアップ

gitを使うにあたって一番はじめにやることがあります〜
それはシステムセットアップといいまして、ユーザー登録のことです〜

$ git config --global user.name "自分の名前"
$ git config --global user.email "メールアドレス"

③リポジトリ

リポジトリとは、ファイルやフォルダの状態を保存しておく場所のことを言います〜
gitでバージョン管理をしたいフォルダに移動して、リポジトリに登録することで、そのフォルダをgitによるバージョン管理の対象にすることができます〜

とりあえずデスクトップに「test」というフォルダを作って、ターミナルでそのフォルダへ移動します〜

$ cd /Users/yuji/Desktop/test

cdはチェンジ・ディレクトリの略で、指定したフォルダへ移動してくれます〜

次にtestフォルダをリポジトリに登録します〜(リポジトリの作成?)

$ git init
Initialized empty Git repository in /Users/yuji/Desktop/test/.git/

$マークが付いているところが自分でターミナルに入力する部分、付いていないところが実行時に表示される文字です〜

これでgitのリポジトリにtestフォルダを登録することができました〜


ひとまず今回はここまでです〜
ありがとうございました〜