Unity(C#)初心者・入門者向けチュートリアル ひよこのたまご

AndroidやiOS向けアプリを簡単に作れるゲーム開発環境Unity(ユニティ)の使い方を、チュートリアル方式で一緒に学びましょう!

【git入門8】リモートリポジトリへPushする

いつもひよこのたまごをご利用下さいましてありがとうございます!
おかげ様でチュートリアル数も10ゲーム目となりました!
チュートリアル一覧は
こちら からどうぞ!


スポンサーリンク

前回の続きです〜


前回まででGit Hubにリモートリポジトリを作成しました〜
ですがまだ中身は空なので、ローカルリポジトリの情報をGitHubに送りたいと思います〜

こちらの記事を参考にさせて頂きました〜


リモートリポジトリへPushする

①Git Hubのリモートリポジトリに送るURLを設定する

前回はこの画面で終わりました〜

f:id:hiyotama:20150817193607j:plain


赤枠でかこった部分がリモートリポジトリのアドレスです〜


このアドレスを、ターミナル上で変数に代入します〜

$ git remote add origin https://github.com/<username>/<repositoryname>.git


これでoriginという変数にアドレス情報が代入されました〜

②Git Hubのリモートリポジトリにローカルリポジトリを送る(push)

続いて登録したアドレスに向けてpushというコマンドを使い、ローカルリポジトリを送信したいと思います〜

git push リモートリポジトリアドレス デフォルトのブランチ

という形で実行します〜
ブランチについては後述します〜

$ git push origin master
Username for 'https://github.com': <username>
Password for 'https://opiyo@github.com': <password>
Counting objects: 6, done.
Delta compression using up to 4 threads.
Compressing objects: 100% (2/2), done.
Writing objects: 100% (6/6), 452 bytes | 0 bytes/s, done.
Total 6 (delta 0), reused 0 (delta 0)
To https://github.com/opiyo/TestRepository.git
 * [new branch]      master -> master
Branch master set up to track remote branch master from origin.


色々と文字が出てきました〜
Git Hubを見てみましょう〜


f:id:hiyotama:20150817194454j:plain


リモートリポジトリにローカルリポジトリがうまく送信されていました〜
このプロジェクトは誰でも見ることができます〜


今回はここまでです〜

ありがとうございました〜