Unity(C#)初心者・入門者向けチュートリアル ひよこのたまご

AndroidやiOS向けアプリを簡単に作れるゲーム開発環境Unity(ユニティ)の使い方を、チュートリアル方式で一緒に学びましょう!

【C#】Visual Studioの開き方~プロジェクト作成まで

いつもひよこのたまごをご利用下さいましてありがとうございます!
おかげ様でチュートリアル数も10ゲーム目となりました!
チュートリアル一覧は
こちら からどうぞ!


スポンサーリンク

Visual Studioをインストールしたはいいけど、どこにあるのか最初分からなかったので、メモしていきます~

ついでにプロジェクトの作成まで進めていきます~


Visual Studioの開き方~プロジェクト作成まで

①Visual Studioを開く


まずはMetroを開いて、アプリ一覧へ移動します~


f:id:hiyotama:20150910091803p:plain
左下をクリックしアプリ一覧へ


アプリのV欄にVisual Studio Community 2015があるのでクリックすると、Visual Studioが起動します~


f:id:hiyotama:20150910092149p:plain
クリックして起動


今後よく使う場合は、いちいちMetroを開くのは面倒なのでタスクバーにピン留めしておきましょう~


f:id:hiyotama:20150910092500p:plain

②プロジェクト作成

続いてプロジェクトの作成です~

画面左の「新しいプロジェクト...」をクリックするか


f:id:hiyotama:20150910093236p:plain


ファイル→新規作成→プロジェクトを選びます~


f:id:hiyotama:20150910093308p:plain


今回はVisualC#を使うので、インストール済み→テンプレート→VisualC#を選択します~


f:id:hiyotama:20150910093921p:plain
VisualC#を選択


続いて.NET Frameworkのバージョンを選択します~
(.NET FrameworkはWindowsアプリを作る時によく使われるフレームワークで、OSや言語に依存しないのが特徴のようです~)
色んなサイトを見ているとバージョン4.5を選んでいることが多いので、ここでも4.5を選択します!


f:id:hiyotama:20150910094205p:plain
.NET Framework4.5を選択


続いてプロジェクトの種類を選択します~ここでは5つ紹介したいと思います~


f:id:hiyotama:20150910100022p:plain
プロジェクトの種類


まずはWindowフォームアプリケーションです~、こちらはWindowsでデスクトップアプリを作る時に選択します~

次にWPF(Windows Presentation Foundation)アプリケーションです~、こちらはWindowsフォームアプリケーションに比べ、より柔軟なデザイン力と分かりやすい操作性が実現されているようです~
デスクトップアプリを作りたい時はこれを選んでおけば間違いないでしょう~

次にコンソールアプリケーションです~、こちらはコマンドプロンプト上で使うアプリを作成します~

次にハブアプリです~こちらはWindows Phone用のアプリが作成できるようです~

最後にASP.NET Web アプリケーションです~、こちらはWebアプリケーションを作成する時に使います~
MVCモデルなど、よく使われているモデルを使うことができます~


このブログでは今後はWPFアプリケーションを選択していきます~


最後に名前と保存場所を指定して、OKボタンを押します~


f:id:hiyotama:20150910100251p:plain
OKボタンクリックでプロジェクト作成!


f:id:hiyotama:20150910100423p:plain
ドン!


とりあえず最初のプロジェクトを作成するところまではできました~


今回はここまでです~
ありがとうございました~