Unity5(C#)初心者・入門者向けチュートリアル ひよこのたまご

AndroidやiOS向けアプリを簡単に作れるゲーム開発環境Unity(ユニティ)の使い方を、チュートリアル方式で一緒に学びましょう!

7月末はUnity5入門書祭り!同時期発売の3冊を徹底レビュー!

いつもひよこのたまごをご利用下さいましてありがとうございます!
おかげ様でチュートリアル数も10ゲーム目となりました!
チュートリアル一覧は
こちら からどうぞ!


スポンサーリンク

皆さんはUnityをご存知でしょうか?

Unityとは、スマホゲーム等を作るためのゲームエンジンのことです〜
Unityのおかげでゲームなんて全く作ったことがないという方でも、
本当に簡単に、しかも無料でゲームが作れる世の中となりました〜


今年の3月にUnity5にメジャーアップデートされて以来、Unity5に対応した入門書は
あまり出ていなかったのですが、ここ1週間で一気に3冊も発売されました!

というわけで、今回は3冊同時に徹底レビューしていきたいと思います!

7月末はUnity5入門書祭り!同時期発売の3冊を徹底レビュー!

①見てわかるUnity5ゲーム制作超入門


見てわかるUnity5ゲーム制作超入門 (GAME DEVELOPER BOOKS)

新品価格
¥2,916から
(2015/7/28 16:53時点)

良かった点
・Unityの基本機能を懇切丁寧に解説!
Unityのインストールから始まり、開発画面やAsset Storeの使い方、オブジェクト、カメラ、ライト、マテリアル、アニメーション、パーティクルなどなど・・・Unityの基本機能が非常に丁寧に解説されています〜


惜しい点
・チュートリアルの質が低い
チュートリアルとして迷路・もぐらたたき・宝探しの3つが用意されてありましたが、質が低くページ数も全部で60p程度と、少し物足りなかったです〜

・JavaScript採用
本書ではJavaScriptが採用されています〜
JavaScriptを選択した理由をいくつかあげていましたが、あまり納得できる内容ではなかったです〜
せめてUnity界隈ではC#がスタンダードであることくらいは伝えないと、後々かわいそうだなと思いました〜

・Unity5の機能があまり解説されていない
2013年7月に発売された本の改訂版ということなので仕方ない部分もあるかとは思いますが・・・
uGUIについて少し解説している以外特に目新しいものは無かったので、せっかくなら新要素をもう少し入れてほしかったです〜


総評
Unity未経験の方向けのハウツー本としては一定の役割を果たすでしょうが、自分で手を動かしながらゲームを作るという性質のものではないため退屈で、完走するのが少し大変かもしれません〜
同じくUnityの基本機能を解説した「Unityで神になる本。」のほうが、飽きずに楽しく読めるかなと個人的には思いました〜


hiyotama.hatenablog.com


②Unity5 3D/2Dゲーム開発実践入門 作りながら覚えるスマートフォンゲーム開発

Unity5 3D/2Dゲーム開発実践入門 作りながら覚えるスマートフォンゲーム開発

新品価格
¥2,808から
(2015/7/28 16:53時点)

良かった点
・C#使用
3冊の中では唯一のC#でした〜
現場やUnityコミュニティでは基本的にC#が使われているので、これは大変うれしいです〜

・チュートリアルの完成度が高い
こちらの本では4つのチュートリアルを通してUnityについて学んでいくのですが、ゲーム内容がしっかりしていることはもちろんのこと、用意された3Dモデルや2D絵の完成度が高く、作っていてとても楽しかったです〜
また、Uinty5以降の新機能がふんだんに解説されています〜
以下にチュートリアル内容を軽くまとめます〜


IllumiBall(ボール転がし系)
RigidbodyやColliderを中心に解説
スマホ向け機能を実装(傾きを検知して挙動を変える)
GI(グローバル・イルミネーション)というUnity5からの機能を濃く解説

Candy Dozer(プッシャー系)
プレハブやエフェクト、スクリプト制御(Instantiate等)を中心に解説
Unity5からの機能としてAudio Mixerを解説

Nejiko Run(ランアクション系)
Mecanimによるキャラクターのアニメーション制御とuGUIを中心に解説
ハイスコア機能実装
3Dモデルが可愛らしい

Flappy Azarashi(2Dアクション)
Sprite画像や2D系コンポーネント等2D機能を中心に解説
Unity5からの機能としてSprite Packerを解説


当サイトでも似たようなチュートリアルを扱っているのですが、入門者の方にゲームの作り方を分かりやすく説明するには大変良いチョイスだと思います〜
またおまけ程度ですが、ゲームをストアへ登録する方法から広告の貼り方に至るまで解説されていて、抜けが無いです〜

・説明が簡潔
文章が簡潔にまとまっており、尚且つ説明不足ということもなく、とても読みやすいです〜
この内容の濃さで400ページを切っていることに驚きました〜


惜しい点
・少しだけレベルが高い
他の2冊に比べるとですが、ほんの少しだけレベルが高いです〜
スクリプトも2.5ページくらいの長さになることもあるので、入門者の方は少し尻込みしてしまうかもしれません〜


総評
ついに待望のC#本が出たと思ったらUnityへの愛を強く感じる良本で、個人的には100点に近い本がついにキタ!と感じました〜


③Unity5入門

Unity5入門 最新開発環境による簡単3D&2Dゲーム制作

良かった点
・あのヒヨコ本を更に洗練
Unityをやっている人なら誰もがお世話になったあのヒヨコ本の、Unity5バージョンです〜
前回以上に初心者の方がつまずかないよう流れを意識し、必要ない部分は省き、更に洗練されたように感じました〜
また、キャラクターにクエリちゃんが使われたりとビジュアル方面も多少洗練されていました〜

・プログラミングは必要最小限
Unityをやる際に初心者の方が壁に感じてしまうプログラミングですが、こちらの本では必要最小限に留められています〜
やっぱり入門者の方がつまずかないことを第一に考えて書かれているんだなと思いました〜


惜しい点
・JavaScript採用
旧ヒヨコ本でもJavaScriptを採用していたのですが、今回もやはりまたJavaScriptが採用されていました〜
このシリーズでいつかC#を使ってくれることを願っている人は、けっこう多いのではないでしょうか〜

・アニメーションに関する解説が無い
旧ヒヨコ本で不評だったのでしょうか、アニメーションに関する解説が無くなっていました〜
確かに初心者の方がつまずきやすい部分ではあるのですが、ここを切って良かったのでしょうか?疑問が残ります〜


総評
本の構成・サンプルアプリ共に8割方は旧ヒヨコ本と同じであり、旧ヒヨコ本が入門書として良い出来だったので、今作も非常に質の高い入門書となっています〜
Unityを全く触ったことが無いという方が最初に読む本としては、最適な一冊と言えるでしょう〜


オススメランキング

1位

Unity5 3D/2Dゲーム開発実践入門 作りながら覚えるスマートフォンゲーム開発

新品価格
¥2,808から
(2015/7/28 16:53時点)


ダントツぶっちぎりのNo1です!
チュートリアルの質が高く、何よりC#で解説しているのがデカイ!
一応入門書という位置付けですが、中級者くらいまでの方なら得るものが非常に多い一冊となっております!

2位

Unity5入門 最新開発環境による簡単3D&2Dゲーム制作


やはり安定のヒヨコ本!入門者が手にするならまずはコレでしょう!
逆に言えばUnityを少し触ったことがある方には物足りない一冊となっています〜


3位

見てわかるUnity5ゲーム制作超入門 (GAME DEVELOPER BOOKS)

新品価格
¥2,916から
(2015/7/28 16:53時点)


丁寧に解説されているのですが、上記2冊に比べると見劣りしてしまいます〜
2年前ならそこそこの評価だったと思いますが・・・Unity入門書のレベルが上がってきています〜


個人的なランキングですが、こんな感じになりました〜
Unity5の入門書も揃ってきたことですし、皆さんもぜひ一緒に、Unityでゲームを作ってみませんか?

もしよければ当サイトのチュートリアルも参考にしてみて下さい〜